Reliable Cloud Infrastructure: Design and Process 日本語版

via

  • Provider
  • Cost
  • Session
  • Language
  • Certificate
  • Effort
  • Duration

Overview

このオンライン コースでは、Google サイト信頼性エンジニアリング(SRE)から得られた実績のある設計パターンと原則を使用して、Google Cloud Platform 上で信頼性のある効率的なソリューションを構築する方法を学習します。このコースは、Architecting with Google Cloud Platform 専門講座の後続コースで、この専門講座の他のコースで取り上げている技術を習得済みの方を対象としています。
受講者はプレゼンテーション、チャレンジ、ハンズオンラボを通じて、信頼性と安全性の高い GCP デプロイの設計方法と、可用性とコスト効率に優れた方法で GCP デプロイを運用する方法を学びます。


このコースでは以下のスキルを学びます。
● 可用性、スケーラビリティ、保守性が高くなるように設計する。
● Google Cloud Platform プロダクトのトレードオフを評価し、適切な選択を行う。
● オンプレミスとクラウドのリソースを統合する。
●リソースを最適化してコストを最小限に抑える方法を特定する。
● ダウンタイムを最小限に抑えるプロセスを実装する(モニタリングとアラーム、単体 / 統合テスト、本番復元力テスト、インシデント事後分析など)。
● セキュリティ リスクを最小限に抑えるポリシーを実装する(監査、職掌分散、最小特権など)。
● 障害発生時の事業継続性を確保する技術とプロセスを実装する。

受講条件
● Architecting with Google Cloud Platform 専門講座の先行コースを修了している、または同等の経験を有すること
● コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境の基礎を習熟していること
● システム運用の経験
(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイや管理を含む)を有すること

Syllabus

Design and Process へようこそ

サービスの定義

ビジネス ロジック レイヤ設計

データレイヤの設計

プレゼンテーション レイヤ

復元性、スケーラビリティ、障害復旧のための設計

セキュリティに関する設計

容量計画とコストの最適化

デプロイ、モニタリング、アラート、インシデント対応