Essential Cloud Infrastructure: Core Services 日本語版

via

  • Provider
  • Cost
  • Session
  • Language
  • Certificate
  • Effort
  • Duration

Overview

このオンデマンド速習コースでは、Google Cloud Platform が提供する包括的で柔軟なインフラストラクチャとプラットフォーム サービスについて紹介します。受講者は、動画講義、デモ、ハンズオンラボを通してソリューションの各要素について学習し、演習を行います。これらの要素には、ネットワーク、システム、アプリケーション サービスなどのインフラストラクチャ コンポーネントが含まれます。また、ネットワークの安全な相互接続、顧客指定の暗号鍵の使用、セキュリティとアクセスの管理、割り当てと請求、リソース モニタリングなど、実用的なソリューションの実装についても学習します。

受講条件:
このコースで効果的に学習するには、次の条件を満たしている必要があります。
• Completed Google Cloud Platform Fundamentals(Core Infrastructure または AWS Professionals)を修了しているか、同等の経験がある
• Essential Cloud Infrastructure: Foundation を修了しているか、同等の経験がある
• コマンドライン ツールと Linux オペレーティング システム環境についての基本的なスキルがある
• システム運用の経験がある(オンプレミスまたはパブリック クラウド環境でのアプリケーションのデプロイと管理を含む)

>>> よくある質問に記載のとおり、このコースに登録すると Qwiklabs の利用規約(https://qwiklabs.com/terms_of_service)に同意したことになります。

Syllabus

はじめに
-このモジュールでは、Architecting with Google Compute Engine Specialization について説明します。このSpecialization では、クラウド ソリューション アーキテクトや DevOps エンジニアなど、GCP を使って新しいソリューションの作成や既存のシステム、アプリケーション環境、インフラストラクチャの統合を行いたいと考えている方を対象に、Compute Engine について重点的に説明します。

モジュール 1: Cloud IAM
-このモジュールでは、Cloud Identity and Access Management(Cloud IAM)について説明します。Cloud IAM は、メールのようなアドレス名、職種別の役割、きめ細かな権限設定を基盤とする洗練されたシステムです。他社が実装する IAM に精通している方は、より管理しやすく安全性の高い、Google の実装による IAM との違いをご確認ください。

モジュール 2: ストレージとデータベースのサービス
-このモジュールでは、GCP のストレージとデータベースのサービスについて説明します。どのアプリケーションも、ビジネスデータ、ストリーミングされるメディア、デバイスのセンサーデータなどのデータを保存する必要があります。

モジュール 3: リソース管理
-このモジュールではリソース管理について説明します。GCP のリソースは請求対象であるため、リソースの管理はコスト管理につながります。リソースへのアクセスを制御する方法はいくつかありますが、割り当てを使用すると消費量を制限できます。

モジュール 4: リソース モニタリング
-このモジュールでは、GCP のリソース モニタリング オプションの概要について説明します。このモジュールで取り上げる機能は Stackdriver に依存します。Stackdriver は、アプリケーション向けにモニタリング、ロギング、診断機能を提供するサービスです。